前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

記事一覧

第01回 プロジェクト作成と曲再生

今回はVisual Studio 2012を利用しました。
「ファイルメニュー」の「新規作成」にある「プロジェクトの作成」を選択し、新しいプロジェクトを作成します。

テンプレートは「Visual C#」の「Windows」にある「Windowsフォームアプリケーション」を採用し、プロジェクト名は「MP3Player」としました。

プロジェクトができたらいきなり曲を再生してみます。

再生にはWindows Media Playerのコントロールを利用します。
まずはこのコントロールを利用するために参照の追加作業。
「プロジェクト」メニューにある「参照の追加」を選択し、「参照マネージャー」を開き、ここで「参照」ボタンを押し、「C:\Windows\System32\wmp.dll」を追加します。

wmp.dlの参照を追加したら、次に曲を再生するためのコードを追加します。
ソリューションエクスプローラーから「Form1」を開き、以下のように5行追加します。

追加できたらビルドして実行。これだけで単純に曲が再生できました。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using WMPLib;			//追加

namespace MP3Player
{
	public partial class Form1 : Form
	{
		WindowsMediaPlayer _mediaPlayer = new WindowsMediaPlayer();			//追加

		public Form1()
		{
			InitializeComponent();

			//以下追加
			_mediaPlayer.settings.volume = 20;
			_mediaPlayer.URL = @"G:\Desktop\mp3\コレサワ - 君のバンド\01 君のバンド.mp3";
			_mediaPlayer.controls.play();
		}
	}
}

プロジェクトファイルをダウンロード

2016年02月17日

日本語版WTL 9.1.5321アプリケーションウィザード

■はじめに

WTLはライセンスがMS-PLのオープンソースプロジェクトとして公開されている。これを独自に日本語化しました。

リボンやタブビュー、ツリービューなどが扱えます。

Visual Studio 2015~2002に対応しています。


■ダウンロード

日本語版WTL 9.1.5321をダウンロード

(2016年2月17日現在最新版のWTLを元にしています)

2013年06月20日

アイテムが購入済みかどうかチェックする

指定したアイテムIDがアイテム内課金機能によって購入済みかどうかを調べる。

	//
	//	アプリ内課金でアイテムが購入済みかどうかチェック
	//
	//再インストール後など、購入履歴が残っていない場合は、購入済みでもfalseが返る
	//BillingService::RestoreTransactions();
	//により購入履歴を再取得する。
	//
	public bool BillingIsPurchased(String strItemID)//, ref int nQuantity)
	{
		Android.Database.ICursor cursor;

		Db db = new Db(ApplicationContext);

		if (db == null)
			return false;

		cursor = db.queryAllPurchasedItems();
		if (cursor == null)
			return false;

		try
		{
			//DBから列のインデックスを取得する
			int		nColumnProductID = cursor.GetColumnIndexOrThrow(Db.PURCHASED_PRODUCT_ID_COL);
			//int	nColumnQuantity = cursor.GetColumnIndexOrThrow(Db.PURCHASED_QUANTITY_COL);

			while (cursor.MoveToNext())
			{
				String	strProductID = cursor.GetString(nColumnProductID);

				if (strItemID == strProductID)
				{
					//nQuantity = cursor.GetInt(nColumnQuantity);
					cursor.Close();
					return true;
				}
			}
			cursor.Close();
		}
		catch (Java.Lang.IllegalArgumentException)
		{
			cursor.Close();
		}

		return false;
	}

※このコードは利用前にGoogle Play Developer Consoleでアプリ内課金を設定し、課金用のサンプルコードを実装する必要があります

画面の向きを固定する

端末を傾けたときに画面が自動で回転しないように固定する方法です。

	//画面の向きを縦(Portrait)で固定する
	RequestedOrientation = Android.Content.PM.ScreenOrientation.Portrait;

トーストを表示する

数秒間だけ表示されるTIPSのような通知メッセージ「トースト」の表示方法です。
「Android.Widget.ToastLength.Long」を指定したら長時間、
「Android.Widget.ToastLength.Short」を指定したら短時間表示されます。

Toast.MakeText(this, "メッセージ", Android.Widget.ToastLength.Short).Show();

クリップボードへ文字列をコピーする

指定された文字列をクリップボードへコピーする。

	public void CopyTextToClipboard(String strText)
	{
		Android.Text.ClipboardManager cClipboardManager;

		cClipboardManager = (Android.Text.ClipboardManager)GetSystemService(ClipboardService);
		cClipboardManager.Text = strText;
	}

2013年02月03日

日本語版WTL 8.1.12085アプリケーションウィザード

test100.png

■はじめに

WTLはライセンスがCPLのオープンソースプロジェクトとして公開されている。これを独自に日本語化しました。

リボンやタブビュー、ツリービューなどが扱えます。
リボン対応のプロジェクトのビルドにはWindows 7 SDKが必要です。

Visual Studio 2012/2010/2008/2005などに対応しています。


■ダウンロード

日本語版WTL 8.1.12085をダウンロード


(2013年2月3日現在最新版のWTLを元にしています)


2011年12月27日

日本語版WTL 8.1.11324 アプリケーションウィザード

wtl001.png

■はじめに

WTLはライセンスがCPLのオープンソースプロジェクトとして公開されている。そのためおそらく勝手に日本語化したものを配布しても問題ないと思い用意しました。ライセンス的に問題があるようでしたらお知らせください。削除します。

リボンやタブビュー、ツリービューなどが扱えます。
リボン対応のプロジェクトのビルドにはWindows 7.1 SDKが必要です。


■ダウンロード

日本語版WTL 8.1.11324をダウンロード

(2011年12月27日現在最新版のWTLを元にしています)


2011年01月27日

HTC DesireのフラッシュLEDをアプリから制御する

test132_01.png
今回はHTC Desireに備わっているLED(カメラ撮影用フラッシュ)をネイティブから制御してON/OFFしてみる。

まずはHTC Developerセンターhttp://developer.htc.com/からDesireのソースコードをダウンロードする。今回は「bravo-2.6.32-gd96f2c0.tar.gz」でした。

test132_02.png
ダウンロードしている間に雛形となるプロジェクトをEasyProjectGenerator for Androidで作る。今回はC++プロジェクトとした。

test132_03.png
そして自動生成されたプロジェクトのjniフォルダに、ダウンロードしたHTC Desireのソースコードに含まれるmsm_camera.hをコピーする。

具体的なパスは「bravo-2.6.32-gd96f2c0\ include\ media\ msm_camera.h」。スクリーンキャプチャ用の環境ではtar.gzを解凍できなかったので別PCで解凍してコピーしてきました。

test132_04.png
次にEclipseでプロジェクトを読み込んで実際にLEDを制御するコードを実装する。

/dev/msm_camera/config0を開いて、int32数値を引数にしたMSM_CAM_IOCTL_FLASH_LED_CFGコマンドをioctlに送るだけです。今回はさらにMSM_CAM_IOCTL_GET_SENSOR_INFOを使って、カメラセンサー名とフラッシュサポートの有無を調べる関数も実装しました。
#if(true)
#define LOCAL_LOG
#define LOCAL_LOGD
#endif

#include <string.h>
#include <jni.h>

#ifdef LOCAL_LOG
#include <android/log.h>
#endif



#include <stdlib.h>
#include <fcntl.h>
#include <sys/ioctl.h>
#include <sys/stat.h>
#include <sys/syscall.h>
#include "msm_camera.h"

/*
 //msm_camera.hより
#define	MSM_CAM_IOCTL_MAGIC	'm'
#define	MSM_CAM_IOCTL_FLASH_LED_CFG	_IOW(MSM_CAM_IOCTL_MAGIC, 22, unsigned *)

#define MSM_CAMERA_LED_OFF 0
#define MSM_CAMERA_LED_LOW 1
#define MSM_CAMERA_LED_HIGH 2
#define MSM_CAMERA_LED_LOW_FOR_SNAPSHOT 3
*/



//
//	フラッシュコントロール
//
//nModeはMSM_CAMERA_LED_OFF、MSM_CAMERA_LED_LOW、MSM_CAMERA_LED_HIGHなど
//
//事前に↓を実行すること!
//	"chmod 666 /dev/msm_camera/config0"
//
int	CtrlCameraLED(int nMode)
{
	int		fd;
	int		nRet;

	fd = open("/dev/msm_camera/config0",O_RDWR | O_NONBLOCK);
	if(fd < 0)
		return	0;

	msm_camsensor_info	info;

	memset(&info,0,sizeof(info));
	nRet = ioctl(fd,MSM_CAM_IOCTL_GET_SENSOR_INFO,&info);
	if(nRet < 0 || info.flash_enabled == 0)
	{
		close(fd);
		return	0;
	}

	nRet = ioctl(fd,MSM_CAM_IOCTL_FLASH_LED_CFG,&nMode);
	close(fd);
	if(nRet < 0)
		return	0;

	return	1;
}


//
//フラッシュをサポートしないなら0、サポートするなら0以外を返す
//
//事前に↓を実行すること!
//	"chmod 666 /dev/msm_camera/config0"
//
int	IsSupportCameraLED(void)
{
	int		fd;
	int		nOnOff;		//uint_32
	int		nRet;
	msm_camsensor_info	info;

	fd = open("/dev/msm_camera/config0",O_RDWR | O_NONBLOCK);
	if(fd < 0)
		return	0;

	memset(&info,0,sizeof(info));
	nRet = ioctl(fd,MSM_CAM_IOCTL_GET_SENSOR_INFO,&info);
	close(fd);
	if(nRet < 0)
		return	0;

	if(info.flash_enabled)
		return	1;
	return	0;
}



//
//	カメラセンサー名の取得
//
//事前に↓を実行すること!
//	"chmod 666 /dev/msm_camera/config0"
//
int	GetCameraSensorName(char* pszName,int nLen)
{
	int		fd;
	int		nOnOff;		//uint_32
	int		nRet;
	msm_camsensor_info	info;

	if(nLen < MAX_SENSOR_NAME)
		return	0;

	fd = open("/dev/msm_camera/config0",O_RDWR | O_NONBLOCK);
	if(fd < 0)
		return	0;

	memset(&info,0,sizeof(info));
	nRet = ioctl(fd,MSM_CAM_IOCTL_GET_SENSOR_INFO,&info);
	close(fd);
	if(nRet < 0)
		return	0;

	strcpy(pszName,info.name);

	return	1;
}





extern "C"
jboolean Java_com_Test132_Test132Act_NativeIsSupportCameraLED(JNIEnv* env,jobject thiz)
{
	if(IsSupportCameraLED)
		return	JNI_TRUE;
	return	JNI_FALSE;
}

extern "C"
jboolean Java_com_Test132_Test132Act_NativeCtrlCameraLED(JNIEnv* env,jobject thiz,jint nMode)
{
	if(CtrlCameraLED(nMode))
		return	JNI_TRUE;
	return	JNI_FALSE;
}


extern "C"
jstring Java_com_Test132_Test132Act_NativeGetSensorName(JNIEnv* env,jobject thiz)
{
	char	pszName[MAX_SENSOR_NAME];

	if(GetCameraSensorName(pszName,MAX_SENSOR_NAME) == 0)
		return	env->NewStringUTF("Failed");

	return env->NewStringUTF(pszName);
}

test132_05.png
java側では、画面をタッチしたら順々にLEDの光量を変更するようにします。

また、/dev/msm_camera/config0を開くには事前にRW属性を付けておかないといけない&RW属性を付けるにはroot権限が必要なので、suコマンドによりchmodを実行する関数も作っておきます。

これで実機で実行すると、、、
package com.Test132;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.MotionEvent;
import android.widget.TextView;

public class Test132Act extends Activity
{
	/** Called when the activity is first created. */
	@Override
	public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);

		ExecSuCommand("chmod 666 /dev/msm_camera/config0");

		NativeCtrlCameraLED(_nCurrentMode);

		TextView	tv = new TextView(this);
		tv.setText( NativeGetSensorName() );
		setContentView(tv);
	}


	
	
	boolean	ExecSuCommand(String strCommandLine)
	{
		try
		{
			Process	process = Runtime.getRuntime().exec("su");
			java.io.DataOutputStream os = new java.io.DataOutputStream(process.getOutputStream());
			os.writeBytes(strCommandLine + "\nexit\n");
			os.flush();
			process.waitFor();
			return	true;
		}
		catch(java.io.IOException e)
		{
		}
		catch (InterruptedException e)
		{
		}
		return	false;
	}


	int		_nCurrentMode = MSM_CAMERA_LED_OFF;
	
	final	static	int	MSM_CAMERA_LED_OFF = 0;
	final	static	int	MSM_CAMERA_LED_LOW = 1;
	final	static	int	MSM_CAMERA_LED_HIGH = 2;
	final	static	int	MSM_CAMERA_LED_LOW_FOR_SNAPSHOT = 3;


	@Override
	public boolean onTouchEvent(MotionEvent event)
	{
		switch(event.getAction() & MotionEvent.ACTION_MASK)
		{
		case	MotionEvent.ACTION_DOWN:
			switch(_nCurrentMode)
			{
			case	MSM_CAMERA_LED_OFF:
				_nCurrentMode = MSM_CAMERA_LED_LOW;
				break;

			case	MSM_CAMERA_LED_LOW:
				_nCurrentMode = MSM_CAMERA_LED_HIGH;
				break;

			case	MSM_CAMERA_LED_HIGH:
				_nCurrentMode = MSM_CAMERA_LED_LOW_FOR_SNAPSHOT;
				break;

			case	MSM_CAMERA_LED_LOW_FOR_SNAPSHOT:
				_nCurrentMode = MSM_CAMERA_LED_OFF;
				break;
			}

			NativeCtrlCameraLED(_nCurrentMode);
			break;
		}

		return true;
	}

	
	public native boolean  NativeIsSupportCameraLED();
	public native boolean  NativeCtrlCameraLED(int nMode);
	public native String  NativeGetSensorName();

	static
	{
		System.loadLibrary("Test132");
	}
}

test132_06.png 初回起動時に「Superuser Request The following app is requesting superuser access:」と出て、su権限を許可するかを問われます。ここで「Allow」を選択します。

test132_07.png
すると画面にカメラセンサー名の「s5k3e2fx」という文字が表示されて、画面をタッチすると、、、

DSC_0715.JPG
LEDが点灯しました。

成功のように思えるのですが、何度タッチしても光量が変わりません。本当なら3段階&OFFの4パターンが順々に変化するはずなのですが、、




プロジェクトファイルをダウンロード

2011年01月26日

Android SDKで画像を読み込み、ピンチ操作でズームする

test131_01.png
今回は表示したJPEG画像をピンチ操作によりズームする。ピンチ操作というのは2本の指で画面をタッチして、指間隔を開けば拡大、指間隔を狭めれば縮小というもの。

まずはEasyProjectGenerator for Androidで雛形になるプロジェクトを作成。

test131_02.png そしてjavaのソースコードでアクティビティへImageFileViewクラスを割り当てる。このクラスにJPEG読み込みからピンチ操作、ズーム表示までを実装する。
package com.Test131;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;

public class Test131Act extends Activity
{
	@Override
	public void onCreate(Bundle savedInstanceState)
	{
		super.onCreate(savedInstanceState);

		LinearLayout	layout = new LinearLayout(this);
		setContentView(layout);

		ImageFileView	view = new ImageFileView(this);
		layout.addView(view);
	}
}

test131_03.png
ImageFileView.javaというファイルを作り、実装する。

BitmapFactory.decodeFile()では、大きな画像ファイルを読み込もうとするとメモリが足りなくなってアプリが落ちてしまうので、今回は長辺がnMaxWidthピクセル以下になるように縮小して読み込むことにした。
package com.Test131;

import android.content.Context;
import android.graphics.Bitmap;
import android.graphics.BitmapFactory;
import android.graphics.Canvas;
import android.graphics.Matrix;
import android.view.View;



public class ImageFileView extends View
{
	//表示画像
	protected	Bitmap	_bmpImageFile;


	public ImageFileView(Context context)
	{
		super(context);

		{
			String	strFile = "/sdcard/DSC_0670.JPG";

			_bmpImageFile = LoadImageFile(strFile,800*2);
		}
	}


	public	Bitmap	LoadImageFile(String strFile,int nMaxWidth)
	{
		Bitmap	bmpImage;
		
		//画像の解析(大きい画像が開けない対策)
		BitmapFactory.Options	options = new BitmapFactory.Options();
		options.inJustDecodeBounds = true;
		BitmapFactory.decodeFile(strFile,options);
		
		int		nWidth = options.outWidth;
		int		nHeight = options.outHeight;

		if(nWidth == 0 || nHeight == 0)
			return	null;

		if(nWidth <= nMaxWidth && nHeight <= nMaxWidth)
		{
			//リサイズ不要。そのまま読み込んで返す
			options.inJustDecodeBounds = false;
			return	BitmapFactory.decodeFile(strFile,options);
		}



		int		nScale;

		//nScaleは2の乗数にする
		{
			float	fScale;
			float	fScaleX = (float)nWidth / nMaxWidth;
			float	fScaleY = (float)nHeight / nMaxWidth;

			fScale = (fScaleX > fScaleY) ? fScaleX : fScaleY;

			nScale = 1;
			while(fScale >= nScale)
			{
				nScale *= 2;
			}
		}

		//画像の本読み込み
		options.inJustDecodeBounds = false;
		options.inSampleSize = nScale;
		bmpImage = BitmapFactory.decodeFile(strFile,options);

		return	bmpImage;
	}

	@Override
	protected void onDraw(Canvas canvas)
	{
		super.onDraw(canvas);

		if(_bmpImageFile == null)
			return;

		Matrix	matrix = new Matrix();

		//描画
		canvas.drawBitmap(_bmpImageFile, matrix, null);
	}
}


test131_04.png
これで実行すると画像が大きく表示された。

test131_05.png さらに画像のサイズに合わせて縮小&余白を表示する。

	@Override
	protected void onDraw(Canvas canvas)
	{
		super.onDraw(canvas);

		if(_bmpImageFile == null)
			return;

		//画面表示用ズーム率
		float	fImageScale;

		//余白
		float	fMarginX = 0.0f;
		float	fMarginY = 0.0f;
		
		//ズーム率取得
		{
			int		nImageWidth	= _bmpImageFile.getWidth();
			int		nImageHeight= _bmpImageFile.getHeight();
			int		nViewWidth = getWidth();
			int		nViewHeight = getHeight();


			//画像に合わせる
			if((long)nImageWidth * nViewHeight > (long)nViewWidth * nImageHeight)
			{
				fImageScale = (float)nViewWidth / nImageWidth;
				fMarginY = (nViewHeight - fImageScale * nImageHeight) * 0.5f;
			}
			else
			{
				fImageScale = (float)nViewHeight / nImageHeight;
				fMarginX = (nViewWidth - fImageScale * nImageWidth) * 0.5f;
			}
		}


		//ズーム率
		float	fScale = fImageScale;

		//余白移動
		float	fMoveX = fMarginX;
		float	fMoveY = fMarginY;

		Matrix	matrix = new Matrix();

		//ズーム
		matrix.preScale(fScale,fScale);

		//移動
		matrix.postTranslate(fMoveX,fMoveY);

		//描画
		canvas.drawBitmap(_bmpImageFile, matrix, null);
	}

test131_06.png
これで画像に合わせて縮小&余白表示された。ここまではこれまでも紹介してきた流れで、ピンチ操作などは実装していない。

test131_07.png
次にようやくピンチ操作を実装する。

MotionEvent.ACTION_POINTER_DOWNやMotionEvent.ACTION_POINTER_MOVEでピンチ操作を簡単に検知できる。しかしどうも簡単にそれを使ってズームする仕組みは用意されていない模様。今回は簡易的なピンチズームを実装したものの、きちんとしたものを実装しようと思ったらMatrixは使わずに自分で領域計算して描画した方がよさそうです。

	@Override
	protected void onDraw(Canvas canvas)
	{
		super.onDraw(canvas);

		if(_bmpImageFile == null)
			return;

		//画面表示用ズーム率
		float	fImageScale;

		//余白
		float	fMarginX = 0.0f;
		float	fMarginY = 0.0f;
		
		//ズーム率取得
		{
			int		nImageWidth	= _bmpImageFile.getWidth();
			int		nImageHeight= _bmpImageFile.getHeight();
			int		nViewWidth = getWidth();
			int		nViewHeight = getHeight();


			//画像に合わせる
			if((long)nImageWidth * nViewHeight > (long)nViewWidth * nImageHeight)
			{
				fImageScale = (float)nViewWidth / nImageWidth;
				fMarginY = (nViewHeight - fImageScale * nImageHeight) * 0.5f;
			}
			else
			{
				fImageScale = (float)nViewHeight / nImageHeight;
				fMarginX = (nViewWidth - fImageScale * nImageWidth) * 0.5f;
			}
		}


		//ピンチを含めた総合ズーム率
		float	fScale = _fPinchScale * fImageScale;

		//余白を含めた移動量
		float	fMoveX = _fPinchMoveX + fMarginX;
		float	fMoveY = _fPinchMoveY + fMarginY;
		
		
		//ズーム原点指定
		fMoveX += _ptPinchStart.x - _ptPinchStart.x * _fPinchScale;
		fMoveY += _ptPinchStart.y - _ptPinchStart.y * _fPinchScale;

		Matrix	matrix = new Matrix();

		//ズーム
		matrix.preScale(fScale,fScale);

		//移動
		matrix.postTranslate(fMoveX,fMoveY);

		//描画
		canvas.drawBitmap(_bmpImageFile, matrix, null);
	}


	//ピンチによる現在のズーム率(拡大  > 1.0f > 縮小)
	private	float	_fPinchScale	= 1.0f;

	private	PointF	_ptPinchStart	= new PointF();
	private float	_fPinchStartDistance	= 0.0f;
	private	float	_fPinchMoveX	= 0.0f;
	private	float	_fPinchMoveY	= 0.0f;

	//タッチ操作内部処理用
	private static final int TOUCH_NONE = 0;
	private static final int TOUCH_DRAG = 1;
	private static final int TOUCH_ZOOM = 2;
	private int		_nTouchMode	= TOUCH_NONE;

	
	@Override
	public boolean onTouchEvent(MotionEvent event)
	{

		switch(event.getAction() & MotionEvent.ACTION_MASK)
		{
			//ピンチ開始 
		case MotionEvent.ACTION_POINTER_DOWN:
			if(event.getPointerCount() >= 2)
			{
				_fPinchStartDistance = GetDistance(event);
				if(_fPinchStartDistance > 50f)
				{
					GetCenterPoint(event,_ptPinchStart);
					_nTouchMode = TOUCH_ZOOM;
				}
			}
		    break;

		    //ピンチ中
		case MotionEvent.ACTION_MOVE:
		    if(_nTouchMode == TOUCH_ZOOM && _fPinchStartDistance > 0)
		    {
		    	PointF	pt = new PointF();

		    	GetCenterPoint(event,pt);
		    	_fPinchMoveX	= pt.x - _ptPinchStart.x;
		    	_fPinchMoveY	= pt.y - _ptPinchStart.y;

		    	_fPinchScale = GetDistance(event) / _fPinchStartDistance;
				invalidate();
		    }
		    break;

		    //ピンチ終了
		case MotionEvent.ACTION_UP:
		case MotionEvent.ACTION_POINTER_UP:
			if(_nTouchMode == TOUCH_ZOOM)
			{
				//ピンチ終了処理
				_nTouchMode = TOUCH_NONE;

				_fPinchMoveX	= 0.0f;
				_fPinchMoveY	= 0.0f;
				_fPinchScale	= 1.0f;
				_ptPinchStart.x	= 0.0f;
				_ptPinchStart.y	= 0.0f;
				invalidate();
			}
			break;
		}
		
		
		switch(event.getAction() & MotionEvent.ACTION_MASK)
		{
			//ドラッグ開始
		case	MotionEvent.ACTION_DOWN:
			if(_nTouchMode == TOUCH_NONE && event.getPointerCount() == 1)
			{
				_nTouchMode = TOUCH_DRAG;
			}
			break;

		case MotionEvent.ACTION_MOVE:
			if(_nTouchMode == TOUCH_DRAG)
			{
			}
			break;
			
			//ドラッグ終了
		case	MotionEvent.ACTION_UP:
			if(_nTouchMode == TOUCH_DRAG)
			{
				//ドラッグ終了処理
				_nTouchMode = TOUCH_NONE;
				break;
			}
		}

		return true;
	}	

	//ピンチ距離取得用
	private	float	GetDistance(MotionEvent event)
	{
		float x = event.getX(0) - event.getX(1);
		float y = event.getY(0) - event.getY(1);
		return android.util.FloatMath.sqrt(x * x + y * y);
	}

	//ピンチ開始座標取得用
	private	void	GetCenterPoint(MotionEvent event,PointF pt)
	{
		pt.x = (event.getX(0) + event.getX(1)) * 0.5f;
		pt.y = (event.getY(0) + event.getY(1)) * 0.5f;
	}



プロジェクトファイルをダウンロード
前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12