第05回 画面を作る

これまでにフォルダ内に存在するmp3/m4aをランダムに再生するところまできました。
今回はメインウインドウの作成をします。

曲名表示用のラベル「labelTitle」、
アーティスト名表示用のラベル「labelArtist」、
現在の再生時間表示用のラベル「labelTime」、
シークバー用のトラックバー「trackbarSeek」、
音量調節用のトラックバー「trackbarVolume」、
前の曲に戻るためのボタン「buttonBack」、
次の曲に進むためのボタン「buttonNext」、
再生/停止用のボタン「buttonPlay」、
再生中断用のボタン「buttonStop」、

をそれぞれフォームに配置します。
今回はデザインだけで機能の実装は次回以降に持ち越し。

2つのトラックバーは、デフォルトの設定だと大きすぎるため、プロパティの「TickStyle」を「None」、「AutoSize」を「False」に設定しました。

ボタン用の画像を用意するのが面倒だったので「Text」として「|<」や「>」、「□」、「>|」という文字を設定しています。

005_01.png

プロジェクトファイルをダウンロード


カテゴリー「MP3プレーヤーを作る(C#)」 のエントリー