Android実機をPCにUSB接続する

usb01.png
今回はAndroidの実機をPCにUSB接続する。まずはUSBドライバーを取得する。Android SDKのあるフォルダをエクスプローラーで開き、「SDK Manager」を右クリックして現れるメニューから「管理者として実行」を選択して起動する。

usb02.png
そして「Available packages」を選択、ここで「Third parth Add-ons」にチェックを入れる。

usb03.png
するとネットから利用可能なパッケージ一覧が自動取得される。

usb04.png
「Google Inc.add-ons(dl-ssl.google.com)」の中に「Google Usb Driver package, revision 4」があり、チェックが入っていることを確認して、「Install Selected」ボタンを押す。

usb05.png
「Accept All」をチェックして「Install」ボタンを押し、インストールを開始する。

usb06.png
自動ダウンロード&インストールされる。

usb07.png
最後にADBを再起動したら終了だ。

usb08.png
もう「Android SDK and AVD Manager」は終了して構わない。

usb09.png
これでAndroid SDKフォルダの中に「google-usb_driver」というドライバーの格納されたフォルダができた。






usb10.png
まずは接続するAndroidの実機のベンダーID(VID)とプロダクトID(PID)を調べる。

Androidの実機をUSBケーブルでPCに接続する。そして「スタート」ボタンの「コンピューター」を右クリックして現れるメニューから「プロパティ」を開く。

usb11.png
「デバイスマネージャー」を選択する。

usb12.png
デバイスマネージャーが開いた。Androidの実機を示す「ADB」にビックリマークが付いている。この項目をダブルクリックして開く。

usb13.png
ADBの「詳細」タブで「ハードウエアID」プロパティを開く。

ここで「Vid_xxxx」と「Pid_xxxx」の部分をメモしておく。今回はHTC Desireを利用したのでVIDが0BB4、PIDが0C87となった。
USB\Vid_0bb4&Pid_0c87&Rev_0226&MI_01
USB\Vid_0bb4&Pid_0c87&MI_01







usb14.png
次にAndroid用のUSBドライバーのファイルを編集する。

「スタート」ボタンのテキストボックスに「notepad」と入力し、「notepad」を右クリックして現れるメニューから「管理者として実行」を選択してメモ帳を開く。

usb15.png
そしてメモ帳で先ほどダウンロードしたAndroid用のUSBドライバーのフォルダにある「android_winusb.inf」を開く。

usb16.png
infファイルが開いたら「Google.NTx86」(32ビットWindowsを利用の場合)もしくは「Google.NTamd64」(64ビットWindowsを利用の場合)というセクションを探す。

usb17.png
そして先ほど調べたAndroid実機のVIDとPIDを追加する。

Desireの場合であれば「HTC Desire」の2行だけ追加すればいい。今回はPIDを0C94に変えた「HTC Desire for taking root by unrevoked3」の2行も追加した。これはDesireでRootを取得したときになぜか一時的に?実機のPIDが変わったためだ。
;
; HTC Desire
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C87
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C87&MI_01

; HTC Desire for taking root by unrevoked3
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C94
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C94&MI_01

usb18.png
android_winusb.infファイルの編集が終わったら保存する。これでドライバーの編集作業は終わりだ。






usb19.png
次に実際にドライバーをインストールする。

デバイスマネージャーを開き、「ADB」を右クリックして現れるメニューから「ドライバーソフトウエアの更新」を選択する。

usb20.png
そして「コンピューターを参照してドライバーソフトウエアを検索します」を選択する。

usb21.png
ここで先ほどダウンロード&編集したドライバーが含まれるフォルダを指定する。

usb23.png
「ドライバーソフトウエアの発行元を検証できません」と言われても気にせずに「このドライバーソフトウエアをインストールします」を選択する。

usb24.png
これで「Android Composite ADB Interface」としてドライバーがインストールできた。

usb25.png
デバイスマネージャー上でもビックリマークのついた「ADB」が消え、「Android Composite ADB Interface」に変わった。






usb26.png
最後にきちんとAndroid実機が接続できていることを確認する。

Eclipseを起動して、「DDMS」を開く。すると「Device」タブに実機の項目が表示されている。「Screen Capture」ボタンを押すと、、、

usb27.png
Android実機のスクリーンショットも確認できた。



カテゴリー「android」 のエントリー