Androidエミュレーターの仮想SDカードを使う

sd01.png
今回はAndroidアプリ上でSDカードにデータファイルを保存する前段階として、Androidエミュレーターで仮想SDカード上に保存したmp3ファイルを再生してみる。

まず仮想SDカードのイメージファイルを作るためにコマンドラインを開く。「スタート」メニューから「cmd」と入力して検索、コマンドラインを開く。

sd02.png コマンドラインが開いたら、Android SDKに含まれるmksdcard.exeを、「mksdcard 容量 作成イメージファイル名」というように実行する。ここでは64MBの仮想SDカードを作成した。
"C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\tools\mksdcard.exe" 64M c:\workspace\sd.img

sd03.png
次に作成した仮想SDカードのイメージファイルをAndroidエミュレーターに関連付ける。Eclispeを起動して、「Window」メニューの「Android SDK and AVD Manager」を開く。

sd04.png
古いエミュレーター設定が残っていると紛らわしくなるので、今回は既存の設定を削除した。削除するAndroidエミュレーターを選択して「Delete」ボタンを押す。

sd05.png
「Yes」ボタンで削除する。

sd06.png
そして「New」ボタンから新しいエミュレーター設定をする。「Name」と「Target」は適当に設定、「SD Card」欄で先ほど作成した仮想SDカードのイメージファイルを指定する。

sd07.png
新しいエミュレーター設定ができた。さっそく「Start」ボタンで起動する。

sd08.png

sd09.png
しばらく待つとAndroidエミュレーターが起動した。

sd10.png Androidエミュレーターが起動したら、再びコマンドラインを開き、今度は仮想SDカードへmp3ファイルをコピーする。コピーにはAndroid SDKに含まれる「adb.exe」を利用する。「adb push ファイル名 /sdcard/」とすればコピーできる。
"C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\platform-tools\adb.exe" push C:\Users\assist\Desktop\test.mp3 /sdcard/




sd11.png
次に仮想SDカードへmp3ファイルがコピーされたことを確認する。Eclipseを開き、「Window」メニューの「Open Perspectiv」にある「DDMS」を選択する。

sd12.png
そして「File Explorer」タブでAndroidエミュレーター上のファイルを一覧できる。/mnt/sdcard/の中を見ると、コピーしたmp3ファイルが確認できた。

sd21.png
ちなみにこの画面のアイコンから、マウス操作だけで簡単に仮想SDカードへファイルのコピーや削除ができる、、、が、どうもバグがあるようで、「Failed to push the item(s).」というエラーメッセージでファイル転送に失敗することがある。そのため上の方法でコマンドラインから転送した方がいいだろう。






sd13.png
最後に転送したmp3ファイルをAndroidエミュレーター上で再生してみる。ホーム画面でアプリケーションボタン?を押す。

sd14.png
最初はSDカードのmp3ファイルを認識させる必要があるた。「Dev Tools」を開く。

sd15.png
そして「Media Scanner」を実行する。

sd16.png
「Medea Scanner finished scanning /mnt/sdcard」と表示され、仮想SDカード内のファイルが認識された。

sd17.png
一度ホーム画面に戻り、再びアプリケーションボタン?を押す。

sd18.png
そして再生ソフトの「Music」を開く。

sd19.png
これでmp3ファイルのアーティストが表示され、、、

sd20.png
Androidエミュレーター上でTylor SwiftのMineを再生できた。



カテゴリー「android」 のエントリー