アンドロイド開発環境の構築(その2) Android SDKのインストール

android10.png
次にAndroidの開発キットをダウンロードする。ダウンロード元はhttp://developer.android.com /sdk/index.html
Windows用の「installer_r08-windows.exe (Recommended)」をダウンロードする。

android11.png
ダウンロードしたAndroid開発キットを実行してインストールする。

android12.png
Android SDKのインストールが開始された。

android13.png
もしもJDKがインストールされていない場合は、2つ目の画面から先へ行けない。今回は先ほどJDKをインストールしたので次へと進む。

android14.png
Android SDKのインストール先はデフォルトのままとした。

android15.png

android16.png

android17.png

android18.png
これでインストールが終りだ。このままSDK Managerの設定に入る。

android19.png
SDK Managerが開いたら、「Accept All」を選択してインストールを開始する。もしもAndroid 1.5や1.6などの古いバージョンが不要ならそれらがインストールされないように設定してもいい。

android20.png

android21.png
途中で、何か聞かれたら「Yes」を選択する

android22.png
これでSDK Managerの設定が終わった。「Close」ボタンを押す。

android23.png
ここでインストールされているSDK一覧を確認できる。「×」をクリックして閉じる。

android24.png
真っ黒の画面で気持ち悪いが気にせずに「×」を押して閉じる。






android25.png
次にAndroid SDKのパスを環境変数に登録する。

「スタート」メニューの「コンピューター」を右クリックして現れたメニューから「プロパティ」を選択する。

android26.png
そして「システムの詳細設定」を選択する。

android27.png
開いた画面で「環境変数」ボタンをクリックする。

android28.png
「システム環境変数」の中にある「Path」を選択して「編集」ボタンをクリックする。

android29.png
ここで変数値に「C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\tools」を「;」区切りで追加する。もしもAndroid SDKをほかの場所にインストールした場合は、そのパスを指定する。

android30.png
環境変数の設定が終わったら「OK」ボタンを押して閉じる。



カテゴリー「android」 のエントリー