Android JNIプロジェクト用のウイザードを使う(EasyProjectGenerator for Android Ver 1.00)

epg01.png
ネイティブなAndroid開発は、雛形となるプロジェクトを作るのが面倒で、ちょっとしたソースコードテストをしにくい。そのため、簡単にAndroidプロジェクトを自動生成する「EasyProjectGenerator for Android」を作りました。

EasyProjectGenerator for Android Ver 1.00」をダウンロードしてデスクトップへ解凍する。これでインストールが終ります。

epg02.png
インストールしたフォルダにある「HelloJni.bat」を実行する。

epg03.png
すると自動生成するAndroidプロジェクト名を入力するダイヤログが開く。今回は「Test103」とした。

epg04.png
するとEasyProjectGenerator for Androidのインストールフォルダ内にプロジェクト名と同じフォルダができる。これが自動生成されたAndroidプロジェクトです。

epg05.png
実際に自動生成したプロジェクトを利用するためEclipseを起動し、「File」メニューの「New」にある「Android Project」を選択する。

epg06.png
そして「Create project from existing source」を選択し、先ほど生成されたフォルダを指定する。

epg07.png
これでEclipseにAndroidプロジェクトとして取り込めた。

epg08.png
プロジェクトフォルダ内には「_build.jni.bat」がある。これを実行すると、、、

epg09.png
ダブルクリックひとつでAndroidネイティブソースコードがビルドされる。



もしもbashが見つからないというエラーが生じる場合は、環境変数のパスに「c:\cygwin\bin」を追加する。

epg10.png
次にEclipseでプロジェクトを右クリックして現れるメニューの「Run As」にある「Android Application」を選択する。

epg11.png
するとAndroidエミュレーターが起動して、自動生成したネイティブアプリが実行される。



まだまだ未完成な部分もあるが、これからはこの「EasyProjectGenerator for Android」を利用して雛形プロジェクトを生成、利用する。



カテゴリー「android」 のエントリー