日本語版WTL 8.0のアプリケーションウィザード

test36_01.gif
■はじめに
WTLはライセンスがCPLのオープンソースプロジェクトとして公開されている。そのためおそらく勝手に日本語化したものを配布しても問題ないと思い用意しました。ライセンス的に問題があるようでしたらお知らせください。削除します。

test36_02.gif
■メリット
従来の英語版WTLではプロジェクト作成後にリソースエディタでメニューなどの言語を日本語に切り替えて、表示文字列を編集する必要がありました。しかしこの日本語版WTL 7.5ではプロジェクト生成直後から日本語リソースが利用可能です。

test36_03.gif
■日本語化内容:
 ・Windows用アプリケーションウィザード
 ・生成されるソースコード
 ・生成されるソースコードのコメント
など

※サンプルやWindows CE用のアプリケーションウィザードはダウンロード可能なファイルに含まれません。
※incldueファイルやreadme.html、cpl.txtは日本語化されていません。
※短時間で翻訳処理したため変な日本語になっている部分があります。

test36_04.gif
■ダウンロード

日本語版WTL 8.0をダウンロード

test36_05.gif
右の画像はデフォルトで生成したアプリケーション例です。
プロジェクトファイルをダウンロード



カテゴリー「WTL」 のエントリー