WTLをインストールする

MFCは多機能で使い勝手のいいフレームワークだ。しかしちょっと手の込んだことをしようと思ったり、ほかに配布するためのEXEを生成しようというときには途端に使い勝手が悪くなる。その反面、WTLは機能はシンプルだがMFCのようにDLLに依存することもなく、小回りのきくフレームワークになっている。

私は昔は「MFCがないとWindowsプログラミングはできない!」と思っていた。しかし最近ではMFCを使うことはまずない。ほぼ全てをWTLで作成している。使えば使うほどMFCにはない良さが分かる。

wtl01.gif
WTLはVisual Studio 2005に標準では備わっていないのでダウンロードして取得する。ちなみにここでは
日本語版WTL8.0を利用することにする。

WTLをダウンロードしたらVisual Studio 2005がインストールされているフォルダをエクスプローラで開く。


wtl02.gif
そして適当な名前でフォルダを作ってそこにWTLを解凍する。ここでは「WTL」というフォルダ名にした。

wtl03.gif
解凍したWTLのAppWizフォルダにある「setup80.js」というスクリプトを実行する。これは通常のVisual Studio 2005用のもので、
Visual Studio 2005 Express Editionの場合はsetup80x.js、
Visual Studio .NET 2003はsetup71.js、
Visual Studio .NET 2002はsetup70.jsを利用する。

wtl04.gif

wtl05.gif
この状態ではまだWTLのインストールは終わっていない。次にVisual Studio 2005を起動して、「ツール」メニューから「オプション」を開く。

wtl06.gif
そしてインクルードフォルダとしてWTLを解凍したフォルダの下にあるincludeフォルダを指定する。
以上の操作でVisual Studio 2005上からWTLが利用可能になる。

一連の作業から分かるようにWTLに含まれるsetup80.jsは必要なファイルをコピーしてインストールするわけではない。そのため解凍したファイル群は削除してはならない。



カテゴリー「WTL」 のエントリー