英語版Windows XPで日本語を使う


enxp1_01.gif
英語版のWindows XPをインストールしただけの状態で日本語版のソフトを動かそうとするとこのように日本語部分が「□□」と表示されてしまう。
ここでは英語版のWindows XPで日本語を表示したり入力するための設定を行う。

enxp1_02.gif
英語版のWindows XPでも日本語が表示できるようにするには日本語フォントをインストールする必要がある。
設定のため「start」メニューから「Control Panel」を選択してコントロールパネルを開く。

enxp1_03.gif
コントロールパネルの中にある「Date, Time, Language, and Regional Options」を選択する。

enxp1_04.gif
次に「Add other languages」を開く。

enxp1_05.gif
そして現れたウインドウで「Install files for East Asian languages」にチェックを入れて「Apply」ボタンを押す。

enxp1_06.gif
すると日本語を含めた東洋フォントのインストールが始まる。

enxp1_07.gif
このままでは日本語の表示はできるが入力ができない。そのため日本語入力用のIMEをインストールする。設定するため「Details」ボタンを押す。

enxp1_08.gif
そして開いたウインドウで「Add」ボタンを押す。

enxp1_09.gif
ここで「Input language」から「Japanese」を選択する。すると自動的に「Keyboard layout/IME」欄が「Microsoft IME Standard 2002 ver. 8.1」のように変わる。
もしも「Japanese」が選択欄に存在しない場合は、フォントがインストールされていないのでもう一度はじめから作業しなおす。

enxp1_10.gif
これで「Japanese」という項目が追加された。

enxp1_11.gif
「OK」ボタンを押すと再起動を促されるのでそのまま再起動する。

enxp1_12.gif
すると次回起動時から日本語がきちんと表示できるようになった。
日本語を入力するにはタスクバーにある「EN」の表示をクリックして現れたメニューから「Japanese」を選択する。

enxp1_13.gif
そしてさらに右クリックをして現れたメニューから「Restore the Language bar」を選択して言語バーを表示させる。

enxp1_14.gif
そして現れた言語バーの「Inpute Mode」をクリックして現れたメニューから「Hiragana」を選ぶ。

enxp1_15.gif
これでIMEの日本語入力が有効になり日本が入力できる。



カテゴリー「多言語」 のエントリー